$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$ / ご利用可能ポイント:$POINT$pt

会社概要 よくあるご質問 お問い合わせ 用語集
配送日目安
※配送日時指定可能・一部商品除く
11,000円以上で全国送料無料
通常、7日〜10日で発送。
※在庫の状況により発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。
※在庫は実店舗と共有しており、在庫切れにも関わらず、ご注文が完了してしまう場合がございます。
※土日祝は配送を休んでおります。
※年末年始等の大型連休や運送状況によって多少の変更はあります。

カテゴリから探す

あいうえお順で探す

  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • 読み物
  • 千紀園LINE@
  • カタログ請求
  • 店舗一覧

HOME > 茶道具 > 帛紗などの小物 > ふくさ(服紗・帛紗)

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)

茶道具で使うふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の基礎知識

ふくさは、点前の中で道具を清めたり、釜の蓋をとるときに使う布です。
茶道では、ふくさを服紗帛紗と表記します。袱紗という表記は使いません。
大きさは縦が約28.5cm、横が約27.5cmです。

服紗を腰につけるのは、亭主です。一方、客は着物の胸元に服紗を懐中しておきます。

ふくさの布地は、正絹だけではなく人絹の服紗もあります。
正絹(しょうけん)とは本物の絹糸のことです。塩瀬(しおぜ)か羽二重(はぶたえ)などの生地で作られます。
一方、人絹(じんけん) は、絹糸に見立てた人工的に作られた合成繊維です。
光沢やしなやかさが違うので、点前の時にはさばきやすさも変わります。

  

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の選び方

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の重さは匁(もんめ)で表記しています。
匁は重さの単位で、1匁は3.75グラムです。5円玉1枚の重さは3.75gと同じです。
つまり、匁の数が大きくなるほど、生地の厚みと重さがあり、しっかりしたものになります。

    

おすすめは、正絹帛紗 8匁です。老若男女問わず、さばきやすいです。
人絹(合成繊維)や 薄い帛紗は、あまりおすすめしておりません。

実は、生地の重さである匁(もんめ)がひとつ違っても300円ほどの価格差です。
長く使えることもあり、価格の高い安いだけで決められないことも大切です。

初心者の方が一からお稽古するのでしたら、正絹帛紗 7匁がさばきやすいので一番におすすめします。
初心者の方は、あまり大きい数字の帛紗を選ばれるとさばきにくいでしょう。
最初は茶道の稽古で、ふくささばきを何度も繰り返し練習しますので、慣れない中でのさばきやすさは重要です。
初心者の方には正絹帛紗 8匁もよいですが、お稽古に慣れてこられてから検討されてもよいでしょう。
お稽古が進むにつれ、さばきやすい帛紗、好みの服紗が出てくると思います。

 
  • 正絹帛紗 6匁(もんめ)
    学校茶道におすすめ。慣れないうちはさばきやすい。
    3,300円
  • 正絹帛紗 7匁(もんめ)
    初心者におすすめ。中級者になると、少し薄いと思います。
    3,520円
  • 正絹帛紗 8匁(もんめ)
    当店一番人気。何年経っても使いやすい。
    3,850円
  • 正絹帛紗 9匁(もんめ)
    中級者に人気。上品なさばき。
    4,070円
  • 正絹帛紗 10匁(もんめ)
    上級者に人気。ギフトにもおすすめ
    4,950円
  • 正絹帛紗 11匁(もんめ)
    上級者がお使いの方が多いです
    5,500円

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の色

色についてですが、男性は紫、女性は朱か赤を使用します。
女性の方は、表千家では朱色、裏千家では赤色を主に使用されています。

最近では、鮮やかな色の帛紗も存在しますが、流派やお稽古場により使える色が異なりますので、事前に先生やお稽古場の先輩にご確認ください。

老舗お茶屋千紀園(せんきえん)の京都宇治抹茶スイーツ

様々な和の伝統色が存在します。素敵な色合いですので、お好みに合わせてお選びください。

A.藤色 B.薄紫 C.紺 D.エンジ E.ピンク F.水色 G.ブルー H.薄若 I.緑 J.黄色 K.クリーム L.金茶 M.ローズ N.銹朱(さびしゅ) O.紫 P.朱 Q.赤

ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)の手入れ

  

服紗は、基本的に濡らさないようにしましょう。

正絹の帛紗は、ご家庭で洗うと確実に縮みます。洗濯機はもちろん手洗いでも縮みます。
正絹の帛紗は縮んだりよれたりすると、布地の手触りのやわらさが無くなり、感触が良くありません。

使い服紗は、道具の片付けの際に茶杓をふきます。建水の上で服紗を上から軽くはたいて茶を払いますが、どうしても抹茶が残ります。
お稽古の後に、ご自宅で改めて はたくなどして表面についた抹茶を取り除いてください。

帛紗を変えるタイミングは、一般的に1〜2年です。
また、年始の初釜に新しいものに新調される方も多いです。
茶会の濃茶の席で、流派によってはご自身の帛紗を使う場面もあります。
お稽古時とは違う綺麗な帛紗をお持ちください。

大切なお道具を清めるための服紗です。汚れがついていれば、買い換えましょう。

洗えるふくさ(服紗・帛紗・袱紗)が存在します!

  

実は、ご自宅で洗える ふくさ(服紗・帛紗・袱紗)が存在します!
その名も「洗える帛紗 絹 100%」です。

「洗える帛紗」は絹に防水、防収縮加工(セタノーベル加工)を施した帛紗です。
水洗いか、または中性洗剤をご使用のうえ、手洗いをしてください。

老舗お茶屋千紀園(せんきえん)の京都宇治抹茶スイーツ

洗濯やご使用をなさっているうちに、生地が1〜3%縮みます。そのため使い始めは、わの方向が約1cm長くなっています。

18 件中 1-18 件表示 

帛紗鴇(とき)色7号帛紗(茶道具通販楽天)

茶道具 帛紗 鴇(とき)色 7号 帛紗

価格2,400円(消費税込:2,640円)

帛紗紅(くれない)7号帛紗(茶道具通販楽天)

茶道具 帛紗 紅(くれない) 7号 帛紗

価格2,480円(消費税込:2,728円)


帛紗さび朱「五泉織」9号帛紗(茶道具通販楽天)

茶道具 帛紗 さび朱「五泉織」 9号 帛紗

価格3,820円(消費税込:4,202円)




18 件中 1-18 件表示 

商品検索

キーワード、価格を指定して商品を絞り込むことができます。

キーワード:
価格で絞り込む:
 円〜  円