麦茶は夏場に最適な飲み物!麦茶と緑茶の違いについて

日本茶
2020.8.3

香ばしくスッキリした飲み口が特徴の麦茶は、暑い夏の飲み物として、不動の人気を誇っています。
同じく緑茶も、夏の間は冷たくして飲まれることの多い飲料ですが、原材料の違いもあり、両者の飲み物としての「効能」には大きな違いがあります。
ここでは両者の効能に着目しつつ、麦茶と緑茶の違い、麦茶の選び方などについて解説していきます。

麦茶と緑茶の違い、最も大きなものは「カフェイン」の有無

麦茶と緑茶の最も大きな違いとして挙げられるのが、成分に「カフェイン」が含まれるかどうかということでしょう。
茶葉を原材料とする緑茶には当然、カフェインが含まれていますが、大麦やハト麦を原材料とする麦茶にはカフェインが含まれていません。

ここで注目したいのがカフェインの効果・効能です。
カフェインには精神鎮静作用があり、摂取すると心を落ちつけたり、頭を冴えさせたりするはたらきを持っています。
しかしその反面、過剰に摂取してしまうと、副作用として中枢神経が必要以上に刺激され、体に良くない影響が発生するおそれがあるのです。

もちろん、目覚ましや集中力を増したいなどの目的や、暑さを和らげる程度の目的のために冷たい緑茶を飲むのは、何の問題もありません。
しかし夏場によくある、汗をかいた際の大量の水分補給としては、カフェインを含まない麦茶のほうが適しているといえます。

麦茶には「ミネラル」が豊富に含まれている

もうひとつ注目したいのが麦茶に含まれる「ミネラル」です。
緑茶はミネラルが豊富な飲み物のひとつとして知られますが、麦茶の原料である大麦、ハト麦にも、ナトリウムやカリウムといったミネラルが含まれています。

ミネラルは身体のはたらきを正常に保つ上で必須な栄養素です。
ミネラルが不足すると体内のバランスが崩れ、体のだるさや熱中症などに繋がります。
夏場は汗が多くなる季節であり、それに伴って体内のミネラルが不足しがちな時期です。
そうした際、カフェインを気にすることなく水分とミネラルの補給が同時に行える麦茶は、夏場の飲み物として非常に優れているといえるでしょう。

麦茶を選ぶ際は「原料」と「淹れ方」に注目しよう

麦茶の選び方のポイントとして特に注目したいのが、「原料」と「淹れ方」についてです。

まず原料についてですが、麦茶の原料として用いられるのはほとんどが「六条大麦」と「二条大麦」、「ハト麦」の三種類で、それぞれ風味に特徴があります。

六条大麦の麦茶の特徴は深いコクと香り。
いわゆるスタンダードな味わいの麦茶は、だいたい六条大麦が用いられています。

六条種の国内産大麦を使った、香り・コク・旨みの揃った麦茶はこちら

二条大麦の麦茶の特徴は、ほのかな甘みです。
二条大麦にはデンプン質が豊富に含まれており、それが甘みとして味わいに現れるのです。

甘味の強い二条大麦を釜炒り製法で香ばしく仕上げた麦茶はこちら

ハト麦の麦茶の特徴は適度に香ばしく、すっきりした飲み口です。
またハト麦には不飽和脂肪酸が含有されており、体内の代謝機能を高めるはたらきも持っています。
ただハト麦の成分には利尿作用を促進するものも含まれているため、その点は注意が必要です。

 

また、裸麦という麦も麦茶の原料として使われています。
裸麦は、外皮が簡単にはがれて粒が裸になりやすいことから、その名前が付いた麦です。
裸麦を使った麦茶は、六条大麦や二条大麦を使った麦茶と香りも味も大きな違いはないですが、苦みが少なくまろやかな優しい甘みを感じられます。

良質なはだか麦を細粉せずに丸粒のまま焙煎した香り高い麦茶はこちら

 

次に麦茶の淹れ方についてですが、大きく分けて「水出し」と「お湯出し」、「煮出し」が存在します。
一般的に、水出し>お湯出し>煮出しの順でお手軽に淹れることができ、その逆の順番で、飲んだ際の味わいや香ばしさが増します。
それぞれ淹れたり冷ましたりするのにかかる時間が大きく違うため、使用する場面、量に応じた麦茶を選ぶようにしましょう。

水出しに使えるボトルはこちら

 

千紀園の麦茶特集はこちら

 

〇今回紹介した商品

・京番茶入黒豆麦茶 

・釜炒り麦茶

・はだか麦茶

・フィルターインボトル

よろしければシェアをお願いします!!

  • Instagram
  • tumblr

関連記事

pagetop