茶葉を使った美味しい水出し緑茶の作り方

日本茶
2018.6.13

日常お使いの いつもの日本茶がお水でいれられます。
お水で出すと、苦味や渋みが抽出されず、旨みや甘みがゆっくりと抽出されていきます。
旨みと甘みを凝縮した、とろっとした美味しいお茶が楽しめます。

玉露、煎茶、かぶせ茶、くき茶、ほうじ茶、番茶、玄米茶など、日本茶なら何でもお水で出すことが出来ます!

驚きの美味しさですが、作るのはとても簡単。
プロが入れても今日からスタートのあなたが入れても美味しさは同じ。

お茶の美味しいところだけを抽出する方法をご紹介します。

美味しい水出し緑茶の作り方

①ボトルに茶葉を入れます。
1リットルの水に対して、10gの茶葉を目安に使ってください。

水出し茶の作り方

10g(大さじ2)をボトルに入れます。

②ボトルに水を注ぎます。
冷水をいれても構いません。

1リットルの水に対して、お茶は10gの茶葉を目安に使ってください。

お水をグラスいっぱいに注ぎます。

③冷蔵庫で3~4時間かけてじっくり抽出します。
就寝前に準備して冷蔵庫に入れておくと、翌朝から楽しめます。

水出し煎茶の美味しい淹れかた

しっかりキャップをしめて冷蔵庫へ

④水出し茶は時間をかけてじっくり抽出するため、お茶の旨みがポットの底に沈殿します。
下に沈殿した旨みを均一にするため、飲む前に軽く振ってから グラスに注いでください。
 

急いで美味しい水出し緑茶を作りたい

「今日はお客さんが来られるので、美味しいお茶を出したい。」
「食事の際に、冷たいお茶が飲みたいけどちょっと足りない。」

お急ぎのときに、水出し緑茶を作る裏技がありますのでご紹介します。

①水出しポットに最初に茶葉 10g(大さじ2)を入れます。
そこに熱湯を少量注ぎ、お茶を濃くだします。
1分ほどお待ちください。

②先ほどの水出しボトルに水がいっぱいになるように足して、冷蔵庫に入れてください。

③30分~1時間ほどで美味しい冷茶ができます。

水出し茶の完成です

お茶の旨みがポットの底に沈殿します。

水出し緑茶専用のボトルがなくても大丈夫

水出し茶が簡単に出来る専用のボトルを使って、お茶の入れ方を紹介しました。
ワインボトルみたいにお洒落で、注ぎ口の中には茶葉をこすための目の細かいフィルターがセットされていて、水出し茶を作るのも後片付けも取り扱いが大変楽です。

ワインボトル型のフィルターインボトル

専用のボトルがお家になくても、今お家でお使いの麦茶などに使う長いボトルで十分使えます。

また、水出し緑茶のボトルも麦茶のボトルもあると便利ですが、両方ともない場合は急須で淹れることができます。

急須で淹れる水出し緑茶の作り方

①急須に茶葉 10g と水300ml を入れます。

②5分待ちます。

③グラスに氷を入れ、急須から注げば出来上がりです。

 

 

○本日紹介した商品

・HARIO フィルターインボトル オリーブグリーンまたはレッド(300ml)

・HARIO フィルターインボトル オリーブグリーン(750ml)

・冷茶ボトルギフト(フィルターインボトル&メッセージ付き緑茶3袋入り)HARIO

 

 2018.6.13

よろしければシェアをお願いします!!

  • Instagram
  • tumblr

関連記事

pagetop