茶道の心は道具を大切にする気持ち。棗の手入れ方法をご紹介

茶道具
2020.7.22

棗(なつめ)とは、抹茶を入れるのに用いる容器で、植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたと言われています。
棗を最初に作った人は、室町時代中期の茶人である村田珠光(むらた じゅこう)が活躍していた時代の塗師である羽田五郎(はねだ ごろう)と言われています。
茶道の流派のひとつである表千家では、「茶道具に愛情を注ぎ、しっかりと手入れをすることが茶道具への心である」といっています。
ここでは茶道具のひとつ、棗(なつめ)の手入れ方法や最適な保管場所を紹介していきます。

棗(なつめ)は何に使うもの

茶道具のひとつである棗(なつめ)は、抹茶を入れておくのに使用する容器です。
一口に容器といっても、さまざまな種類や大きさの棗があります。
通常は黒塗りのものが多く、大きさも利休形と呼ばれる大・中・小が基本となります。
利休形とは、お茶で有名な千利休が好み使っていた形のもので、これが今に受け継がれ、棗の基本形となりました。

棗(なつめ)のお手入れ方法

棗は茶器の中でも手入れに繊細さが求められる茶器です。
水洗いや洗剤につけて洗うことはしないようにして下さい。
棗は水分を吸い込みやすく、また洗剤の臭いが染みついてしまうからです。
最悪の場合、棗が割れてしまう事があります。
濡れてしまった場合は、乾いた布でやさしく拭き上げ自然乾燥して下さい。

棗の基本的なお手入れ方法は、汚れがついた場合や、使用後にはティッシュペーパーや柔らかい布で拭くようにして下さい。
汚れが目立つ場合は、お湯に浸してよく絞った布で拭いて、さらに乾いた布で拭き上げすると良いでしょう。
帛紗で拭き上げをすると、一番良いと言われていますが、目の細かい布であれば、帛紗にこだわらなくてもよいでしょう。

また棗は漆塗りのものが多くあります。
漆塗りは濡れてしまうと変色の恐れも出てきますので、水気には十二分に注意を払うようにしましょう。

棗(なつめ)の最適な保管場所

棗は、保管にとても注意を払わなければならない茶器のひとつです。
棗を使用しない場合は、風が通る場所で湿気の少ないところを保管場所として保管するようにしましょう。
棗は水分を吸い込みやすいものですので、湿気の多い場所で保管していると、カビが繁殖してしまう恐れがあります。
棗は木箱などのように湿気から守れるものの中に入れて保管すると湿気にくくなるでしょう。
乾燥剤を同じ箱の中に入れて保管しておくことも、湿気から棗を守る方法となります。

そして保管する前には、いま一度汚れなどが付いていないか確認するようにしましょう。
抹茶などがついたまま保管してしまった場合、カビや臭いの原因となってしまいます。

また棗は、漆塗りの多い茶器としても有名です。
その漆塗りの塗料は、紫外線に弱いので直射日光に当たるところは避けて、雨に濡れるところに置いておいたり保管することは避けるようにしましょう。

 

〇棗はこちら

 2020.7.22

よろしければシェアをお願いします!!

  • Instagram
  • tumblr

関連記事

pagetop