茶道初心者のためのコラム!分かりやすい棗の歴史と使い方

茶道具
2018.11.11

茶道の世界では一期一会を尊んでおり、亭主としての作法と客としての作法の両方をとても大切にしています。その内、亭主としての作法は「お点前(おてまえ)」と言い、亭主が客にお茶を点てる一連の動作を指します。

亭主は前もって木製漆塗りの蓋物容器にたっぷりの抹茶を入れて準備をしておくのですが、この茶器を棗(なつめ)と呼びます。それでは、この棗とはどのようなものかご紹介していきます。

棗の歴史

棗は最も確実で古い記録は天王寺屋茶会記に残されており、1564年(永禄7年)に津田宗達の茶会で使われました。

現在でこそ棗は薄茶器の総称として薄茶用の茶器として使われていますが、安土桃山時代頃までは、現在の濃茶や薄茶のように明確な区別はありませんでした。薄茶器として一般化していったのは江戸時代に入ってからで、茶器に残った茶を飲むために薄茶が発生したと考えられています。

棗の種類

棗にはたくさんの形がありますが、千利休が好み、利休の流派を汲んだ茶人達に受け継がれた利休型の棗こそが大棗(おおなつめ)・中棗(ちゅうなつめ)・小棗(しょうなつめ)であり、棗の基本形とされています。

棗は元々、無地黒塗のシンプルなものですが、時代の流れと共に豪華な蒔絵(まきえ)が施されるものも多く出回るようになりました。蒔絵とは漆で絵付けや色付けした後に、金属の粉を蒔く装飾の事です。

対して、生漆に鉄分を加える事で黒くした黒漆を使い、黒色に仕上げた漆器は黒塗(くろぬり)と呼びます。
下地に朱色を塗り、その上の半透明の透き漆を塗って仕上げたものは溜塗(ためぬり)と言い、時間を経つ程赤みが増していきます。

このように多くの形・塗り方がある棗だからこそ、お点前の時に「棗の御塗りは?」と尋ねられる事があります。
この時は作家名と塗師の名前を応えるのが一般的です。

溜塗六瓢蒔絵中棗

溜塗六瓢蒔絵中棗

棗の使い方

棗に抹茶を入れる時には、直接抹茶を入れてはいけません。
抹茶の粉はとても細かいため、静電気を帯びる事でダマになりやすい性質があるのです。
ダマのまま抹茶を点てると口当たりが悪くなってしまいます。

棗に抹茶を入れるときは、まずは茶こしを使って違う容器にふるい入れましょう。
そして、それを茶杓ですくい、丸く盛るように棗に入れていきます。

棗の保管方法

棗を使う上で最も気を付けなければならない事の一つが保管方法です。
割れやすいので丁寧に扱う事は当たり前ですが、それだけでは済みません。

茶道具はまず、使用後に洗剤で洗う事はまずありません。
また湿気にも弱いため、水で洗い流す事も厳禁です。綺麗に汚れを落とすために、外側も内側も羽根箒等を用いて細かい抹茶を払い、乾いた布や懐紙で拭きます。
少しでも抹茶が残っているとカビや臭いの原因になるため、面倒でも手間をかけて綺麗にする事が非常に重要です。

また、綺麗にした後は陰干しして完全に乾燥させてから、木箱に保管するようにしましょう。

棗(なつめ)

 2018.11.11

よろしければシェアをお願いします!!

  • Instagram
  • tumblr

関連記事

pagetop